第三話

やえこ「うう・・・」

やえこは目を覚ましました

しかしそこは家ではありませんでした

???「気がつかれましたか」

やえこ「ここは・・・」

???「ここはお城です」

やえこは、医者からやえこが数日眠っていたこと、
家がモンスターに襲撃されて、城の兵士たちが駆けつけたことなどを聞かされました

やえこ「他のみんなは?」

医者「それが、兵士が駆けつけたときは・・・」

やえこ「・・・え」

やえこは一瞬わけがわかりませんでした

やえこ「えっと・・・だめだった?なにが?」

医者「落ち着くんだ、他のものは手遅れだったんだ」

やえこ「なに・・・いってるの・・・」

医者「手は尽くしたんだが・・・」

やえこ「そんな・・・そんなのって・・・」

医者「とにかく、今は休むんだ」

やえこ「ああああ・・・うあああああん!」

やえこは一晩中泣きました

泣いて、泣いて、いつまでも泣き続けました


  • 最終更新:2012-11-12 21:42:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード