第二話

そんなある日、家に一通の手紙が届きました

仲間D「あら、なにかしら」

仲間A「・・・」

それはお城からの手紙でした

・お知らせ・
最近、凶暴なモンスターが各地で目撃されています
みなさん気をつけてください

何かあればお城までお知らせください


やえこ「モンスターか」

仲間C「怖いなー」

やえこたちは今日はでかけるのはやめて家にいることにしました

そして日が落ち、夜になりました

びゅーびゅー

仲間A「今日は風が強いな」

すると

どんどん!

やえこ「うわ!」

大きな音がして、玄関を何者かかが叩く音がします

どんどん!どんどんどん!

仲間D「まさか・・・モンスターじゃ・・・」

やえこ「よ、よし・・・わたしが・・・」

ごくり

やえこ「だれだ!」

扉を開けようとした瞬間

どかーん!

モンスター「ぐおああああ」

やえこ「も、もんすたーだ!」

仲間B「こ、こいつめー!」

仲間Bがモンスターに飛び掛りました

仲間B「ぎゃあああ」

しかし、凶悪なモンスターの前に仲間Bは傷を負ってしまいました

仲間A「このやろー!」

仲間C「うわあああ!」

AとBも棍棒で殴りかかりましたがだめでした

モンスター「ぐるるる」

やえこ「D、さがってるんだ」

仲間D「う、うん・・・」

やえこ「くらえー!」

どおおおおん!

大きな音がして、やえこは吹き飛ばされてしまいました

やえこ「ううっ・・・」

そのままやえこは意識を失ってしまいました


  • 最終更新:2012-11-11 20:57:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード