第四話


お城から家に帰ってきたやえこ

やえこ「・・・ただいま」

荒れ果てた家には誰もいませんでした

おかえり、と返事をしてくれる仲間達はいませんでした

やえこ「うっ・・・」

やえこはまた泣きました

血だらけの床

壊れたテーブル

割れた窓

やえこはただ立ち尽くして、そして日が暮れていき夜になりました

やえこ「明かり・・・こわれてるや・・・」

何もする気も起きず、そのまま破れたソファに腰をかけ、眠りました

・・・


朝になり、目を覚ますやえこ

やえこ「おなか・・・すいたな」

それからというもの、やえこはただ無気力に食べて寝て

また起きて、日が沈むまで何もせず過ごしました




  • 最終更新:2012-11-12 21:49:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード